2014年12月29日

最強女王

有馬記念は4番人気ジェンティルドンナが3番手
から押切りGT7勝で有終の美を飾りました。
まさに最強牝馬というべきパフォーマンスでした。
初コース中山も全く問題にしませんでした。東京
コースを選ばず出走していればもっと勝てたので
しょう。今後良い仔を生んでほしいです。まずは
お疲れ様でした。
GT勝利はこれまでの牝馬とは比べものにならな
いくらいのレースばかりです。今後これだけの牝
馬はまず出てこないでしょう。
それでいて、何故か脆さも感じるのは、どこか
ウオッカに似ているような気がします。
posted by hma at 07:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。