2013年12月24日

有馬記念回顧

有馬記念は圧倒的1番人気のオルフェーヴルが8馬身
の圧勝で引退レースに花を添えました。
調子があまり良くないと聞いていたのですが、他馬を
全く寄せ付けませんでした。
2着はオルフェーヴルの同期ウインバリアシオン。
最後までオルフェーヴルに勝てませんでしたが、復調
で来年が楽しみです。
ゴールドシップは騎手乗り替わりとブリンカーの効果
があって3着でした。もう少ししっかりしてもらいた
いです。
◎−△で860円Getでした。
オルフェーヴルはとにかく印象の強い馬で、逞しい身
体といい、まさに過去の名馬と比べても最強馬という
感じがします。これからは繁殖入りし、ディープイン
パクトと対決です。お疲れ様でした。
posted by hma at 05:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。