2011年03月28日

ヴィクトワールピサ世界一

世界最高賞金のドバイワールドカップで日本馬が
ワンツーを決めました。先行したトランセンドと
それをマークするヴィクトワールピサがゴール前
粘りきり、ヴィクトワールピサが優勝、トランセ
ンドが2着でした。
ゴールした瞬間は鳥肌が立つほどのすばらしい
レースでした。
日本が厳しい時期に本当にすばらしい結果です。
ブエナビスタは見せ場なく敗れましたが、3頭
とも本当にお疲れ様でした。
posted by hma at 05:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。